CBDグミはドンキホーテより自宅まで届けてくれるネットで!

CBDグミはドンキホーテよりネット!自宅まで届けてくれるのでお店に買いに行く手間が省けます

近年は、日本でも少しずつCBD製品が知られるようになって利用者が増えています。

ほとんどのユーザーは揮発させた蒸気を口から吸入する電子タバコ(ベイプ)か、飲み物などに滴下して一緒に飲んで口から摂取するCBDオイルを利用しているようです。

これらに加えて、最近はお菓子(グミ)を食べるだけで簡単にCBDが摂れるCBDグミが販売されています。

これはCBDの成分が含まれたグミを食べるだけで簡単に摂取することができるので、手軽で人気を集めています。

CBDグミを購入する場合は、ドンキホーテの実店舗を利用する方法があります。ドンキのサプリメントコーナーで販売されているので、手軽に入手できます。

ただしドンキホーテでは高額なCBDグミの在庫は多くなく、売り切れで買えないケースも多いようです。

プラスウィードはCBD製品で人気を集めているブランドのひとつですが、ドンキホーテ以外に公式サイトのオンラインショップを利用してネット通販で購入する方法もあります。

プラスウィードの公式サイトではグミを含む各種CBD製品がドンキと同じくらいの値段で販売されていますが、公式店舗を上手に活用すれば実店舗よりもお得に買えるのでおすすめです。

定期購入を利用すれば送料無料になりますし、都度購入でも翌月以降のお買い物で使える3%分のポイントが付与されるからです。

メーカーの公式サイトであれば小売店のように在庫切れの心配もありませんし、宅配便で自宅まで届けてくれるのでお店に買いに行く手間が省けます。

ドンキには電子タバコ(ベイプ)用のCBDリキッド(気化摂取・喫煙するタイプ)も!

ドンキの店舗には各種のCBD製品が販売されていますが、お店で買えるのは電子タバコ(ベイプ)用CBDリキッドとCBDグミの2種類のみです。

店舗によってはグミタイプのCBD製品が販売されていないケースもあるので、多くの店舗で確実に買えるのは電子タバコや気化摂取させるCBDリキッドです。

CBD製品にはこれら以外にも、飲み物などに混ぜて飲むタイプのCBDオイルや、皮膚の表面に塗って肌からCBDの成分を吸収するワックスもあります。

普段タバコを吸わない方であれば、煙を吸引する電子タバコや気化摂取する使い捨てCBDペンに抵抗を感じるかもしれません。

喫煙者の方であれば問題なく摂取できますが、使用時に香料の臭いが拡散するので周りの人の迷惑にならないような配慮が求められます。

ベイプや蒸気吸入が苦手な人や手間がかかることで不便に感じられる方は、口から摂取するタイプのCBD製品を選択する必要があるでしょう。

お店で販売されている商品は種類が限られているので、自分に合ったタイプの製品をじっくりと選びたい方はオンラインショップを利用することをおすすめします。

ドンキの店舗にあるCBD入りの製品は種類が限られているので、とりあえず試しに使ってみたいという方は近所のお店で購入してみることができます。

継続して使用したり安くて手軽に摂取できるタイプの製品を入手したい方は、種類が豊富なネット通販を利用するようにしましょう。

ドンキのCBDオイル(カンナビジオール)とは?

ドンキの健康食品コーナーに行くと、CBDが含まれた電子タバコ用のリキッドやグミなどが販売されています。

一見するとタバコと同じように嗜好品で依存性や有害性があるように思われるかもしれませんが、これはタバコとは全く別の健康食品のひとつです。

CBDとはカンナビジオールのことで、これは植物の麻の種子に含まれるポリフェノールの成分です。

カンナビジオールを摂取すると神経伝達物質の反応に作用し、爽快感やリラックス効果をもたらします。

これによりストレス解消・リラックス・鎮痛作用が得られ、不眠・うつ病・ストレスによる歯ぎしり・生理痛・てんかん発作、などを軽減することが知られています。

カンナビジオールは神経に作用することで鎮痛作用をしめしますが、タバコやその他の麻薬のように高揚感や依存性・倦怠感・酩酊作用などのような人体に対する悪影響はありません。

そのため、日本では薬品ではなくて食品のひとつとして扱われています。 ドンキのコーナーで売られているのは蒸気を吸引するタイプで、肺を通してカンナビジオールが体に取り込まれます。

これらには吸引しやすいようにバニラやフルーツ系の甘い香りが付けられています。

煙や蒸気の形でCBDを吸引すると気分を落ち着かせることができ、気持ちよく眠ることができるでしょう。

睡眠剤のように強い作用はありませんが、吸引後に眠気を催すことがあるので自動車の運転をする前は使用を避けるようにしましょう。

使い捨てCBDペン、Vape・ヴェポライザー用CBDワックス(WAX)、CBDパウダーなど会えるけど、グミのメリットは人の目が気にならないこと

数年ほど前から日本国内にもCBD製品が輸入されるようになり、一部の店舗やオンラインショップなどで販売されるようになりました。

電子タバコ(ベープ)用のCBDリキッドや飲み物に混ぜて口から摂取するためのCBDオイルが多く販売されてきましたが、最近はこれら以外の製品も国内で売られています。

電子タバコやCBDリキッド以外で国内で購入可能なCBD製品には、使い捨てCBDペン・CBDパウダー・CBDワックス・CBDグミ、などがあります。

CBDペンはすぐに蒸気が吸入できる細い管状の製品で、電子タバコよりも手軽に使用できます。

CBDパウダーは粉末を水に溶かすとCBDリキッドになり、ベイプを使って吸引します。

CBDワックスは、肌に塗って皮膚から有効成分を吸収させます。

CBDパウダーやCBDワックスは使用前に準備をする必要があるので、自宅以外の場所では使いにくいでしょう。

CBD製品は多くの種類がありますが、吸引したり肌に塗るタイプのものは揮発性の成分が含まれているので使用時にニオイが周囲に拡散してしまいます。

そのため、使用時には他の人の迷惑にならないように配慮しなければなりません。これに加えて、禁煙の場所では電子タバコを使用することができません。

CBDグミは口に入れて食べるだけなので、周囲にニオイが拡散したりタバコのように人目を気にする必要がないというメリットがあります。

場所や人目を気にせずにいつでも手軽にCBDを摂取してリラックスしたい方は、CBDグミが一番おすすめです。

ドンキのCBDグミの中でもプラスウィードをおすすめするのはコストパフォーマンスの高さ!

複数のブランドのCBDグミが販売されていますが、同じような製品でもメーカーごとにリラックス効果や鎮痛効果に違いがあります。

CBDグミを購入するのであれば、フルスペクトラム系のカンナビジオールが配合されているプラスウィードの製品が一番のおすすめです。

この理由は他社の製品には単一のカンナビジオールの成分しか配合されておらず、効果が限られてしまうからです。

カンナビジオールのみの成分しか含まれていないと、グミをたくさん食べて大量に有効成分を摂取したとしても得られる効果の上限が限られてしまいます。

CBDとそれ以外の他のカンナビノイド類やテルペン類・フラボノイド類を一緒に摂取することで各成分同士が相乗効果をもたらし、効果がより一層強くなることが知られています。

フルスペクトラム系の成分の中には健康増進作用を持つものもあるので、体の調子を整えてくれます。

プラスウィードの製品にはフルスペクトラム系の成分が配合されているので、他社製の製品と比べて効き目が強くなることが期待できてコスパが良いといえます。

成分の違いに加えて、プラスウィードは公式サイトのオンラインショップで購入するとドンキなどの実店舗よりも安く買えてお得というメリットもあるのでおすすめです。

プラスウィードCBDの公式サイトで定期購入を利用するとポイントバックが付いたり送料が無料になるだけではなく、購入期間に応じて最大10%もの割引特典が適応されるのでかなりお得です。

 

>>CBDグミならドンキホーテより公式ネットショップ!詳細はココ

 

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る