危険性について・個人輸入で手に入れる海外製のものの中にはTHCが混入しているものも….

CBDグミの危険性について・海外製のものの中にはTHCが混入している可能性

今日本でも人気が高まってきているCBD、カンナビノイドと呼ばれる成分です。

ヘンプ草などから抽出されることもあり、興味を惹かれる反面で安全性は大丈夫なのかと危惧する声が多いのも確かです。

実はヘンプ草を含め、植物から抽出されるカンナビノイドの数は現在なんと100種類以上・CBDだけではありません。

その中で実際に研究が進められているものはというと、CBDを含めて数種類のみ・まだまだこれからという分野なのです。

カンナビノイドの中の一つ・THCこそがヘンプ草は危険とされる要因、こちらは向精神作用を引き起こすのです。

判断力が低下したり幻覚や幻聴を感じたり、依存症に苦しんだりといわゆる麻薬中毒者が持つという危険な症状はこのTHCがもたらしています。

CBDに有害な副作用はほとんどなし、下痢・口の渇きや強い眠気といった症状は報告されているものの健康に深刻な被害をというようなものではありません。

とは言え、「つまりCBDは安全、危険性はゼロ」と解釈してしまうのは避けた方が良さそうです。

世の中に出回っているCBD製品、その中の特に個人輸入で手に入れる海外製のものの中にはTHCが混入しているものも出回っているからです。

むしろ同じヘンプから抽出される製品、どうしても混入してしまう可能性は非常に高くなってしまうのです。

危険性の高いTHCは日本だけでなく欧米でも解禁されていない国が多くあります。分かっていて購入して使用したり所持するのも違法、それだけでなく知らないままに買ってそのCBDオイルの中にTHCが勝手に混入していたという場合も犯罪者として逮捕されてしまうので注意が必要です。

炎症の抑制や不安の緩和・睡眠の改善と様々な効果効能を持つCBD、その良さを少しでも多く得たいと用法用量を無視して大量摂取するのも危険です。

信頼できるところで手に入れたTHCゼロの安全なCBDであっても、過剰摂取を行っていると副作用が現れることが近年の研究で分かっているのです。

例えば頭痛・腹痛に動悸や息切れなど、それ以外にもどういった作用が起こるか分かりません。

THCと異なり、絶対に避けるべき危険な成分ではありませんが危険性はすぐそこに潜んでいるということです。

その商品が安全かどうか・自分にあっているかなど都度確認しながら使用すること、何かあればすぐにも利用を辞めて医師に相談です。

危険を回避できるかどうかは自分自身の高度にかかっているというわけです。

投稿を作成しました 5

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る